これから引越しをされる方や、現在準備中の方も多いと思います。

 

業者選びや梱包など大変な事がありますが、見積もり前に確認しておきたい事が家具のサイズ確認です。

 

転居先の間取りから、家具を配置する場所は決めてあると思いますが、運ぶ家具が余裕を持って搬入経路を通せるかの確認は必須です。

家具の縦・横・奥行きから廊下や曲がり角、階段の幅、部屋の入り口幅のサイズが余裕を持って通せるかの確認ですね。

 

業者は、自宅見積もりを行った際に家具を出せるかの確認は行いますが、輸送先の状況確認は行いません。

 

ですので、不安がある場合、見積もり前に自分でサイズを計測し、見積もり時にしっかりと相談や打ち合わせを行わなければなりません。

 

仮に、運搬後入れられないと分かった場合は、その場に放置、また後日に機材を使って搬入するというケースもあります。

業者のスキルも関係してきますが、吊り作業が行えなかったり、ギリギリの場所でも、斜めや横に回しながらスムーズに入れられない業者の場合では、他業者を呼んで搬入するといったケースまであります。

このようなトラブルを防ぐ為にも自宅見積もりは欠かせません。料金だけじゃなく不測の事態を避けたり、当日作業をスムーズに終わらせれる確認も行っているんですよ。

引越しはあまりする機会が無い為、業者選びも適当になりがちですが、不安な点や質問に分かりやすく答えてくれる業者を選んで下さい。

 

もし、これから引越しをされる場合、大きな家具だけを依頼する方であれば、時間をかけてでも費用を安くするためには下記サイトを参考にしましょう。

家具の配送.com

(家具の配送料金の目安や業者選びの確認ポイント、自宅見積もりの重要性や保険について詳しく記載。)

業者の見積もり数は、時間がかかるため悩ましいところですが、多ければ多いほど良いです。

サービスや条件を照らし合わせた上で、気に入った業者3社程度に絞り込んで、最終価格を尋ねて下さい。